2010年06月03日

日本ダービーの馬券すり容疑=74歳男を逮捕―警視庁(時事通信)

 場外馬券売り場で、日本ダービーの馬券のすりをしたとして、警視庁捜査3課は1日までに、窃盗容疑で、住所不定、無職吉安徳光容疑者(74)を現行犯逮捕した。
 同課によると、「馬券は自分で買った」と容疑を否認。同容疑者は捜査員の間で、「ギャン(ギャンブル場)のヤッスさん」と呼ばれていた。
 逮捕容疑は5月30日午後3時45分ごろ、東京都墨田区江東橋の場外馬券売り場で、男性会社員(73)のウエストポーチから馬券2枚(7000円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、発走直前、男性に近づき、競馬新聞で手元を隠しながら盗んだが、馬券は外れだったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕臨場感あふれる展示物=JRA競馬博物館
〔写真特集〕時代を駆け抜けた名馬列伝
建設会社で2億横領か=容疑の元社員逮捕
市職員、PCを無断購入・転売=「100台分横領、競馬などに」
馬が駆け上がるたびに歓声=三重県東員町〔地域〕

昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)
検察「カメラに撮影させるのが目的」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
頭越しに地元反発、「強行なら成田闘争以上に」(読売新聞)
<東京スカイツリー>第1展望台工事本格化 高さ398Mに(毎日新聞)
柏崎刈羽原発 1号機を事実上運転再開 中越沖地震で被災(毎日新聞)
posted by マツキ タカノブ at 22:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

<ひきこもり>相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ(毎日新聞)

 ひきこもりに関する厚生労働省研究班は、自治体の相談窓口を訪れた人の約8割が、統合失調症や広汎性発達障害などの精神疾患があると診断されたとの調査結果をまとめた。この結果を受けて厚労省は19日、01年度作成の専門機関職員向け指針を改訂。「確定診断前の統合失調症が含まれている可能性は低くないことに留意すべき」とし、長期的な関与と精神疾患の有無の判断が必要としている。

 調査は07〜09年度に岩手、埼玉、山梨、石川、和歌山県の精神保健福祉センターなどを訪れた16〜37歳の184人を対象に実施。精神科医や精神保健福祉の専門職員が複数で診断し、このうち149人(80.9%)に精神疾患が確認された。

 診断結果は、人格障害や適応障害など51人(34.2%)▽統合失調症や気分障害など薬物療法が必要な人49人(32.9%)▽広汎性発達障害や知的障害など48人(32.2%)−−などだった。

 過去の調査から、研究班は全国のひきこもりを26万人と推計する。研究代表者の斉藤万比古・国立国際医療研究センター国府台病院精神科部門診療部長は「ひきこもりの長期化を防ぐためには、早期の受診や相談が重要。就労機会の提供など社会的支援に加え、精神疾患がある場合は特性に合わせた指導プログラムも不可欠だ」と話している。【佐々木洋】

【関連ニュース】
子ども相談室:10歳男児、睡眠中に突然大声で泣き出します=臨床心理士・西脇喜恵子
自殺率:思春期までに親自殺…3倍 国立精神・神経医療研究センター、松本室長の話
うつ病支援:全国の人とメールで「対話」 21日から富山のNPO /富山
香山リカのココロの万華鏡:心の病はタブーか /東京
県:徳島弁護士会の法律相談、精神的悩みにも無料で 制度をスタート /徳島

<エスカレーター事故>側壁外れて落下、女性けが 横浜(毎日新聞)
校庭バスケ「うるせえ」、車で追い回し高校生2人暴行 傷害容疑で会社員逮捕(産経新聞)
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分−不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)
posted by マツキ タカノブ at 01:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)

 内閣府は22日、09年度2次補正予算で、「電線地中化などを支援する」として計上した地方自治体向けの臨時交付金(総事業費5719億円)のうち、対象の4事業に使われたのが9.9%にとどまったと明らかにした。大半は、道路の補修や公民館建設などの従来型の公共事業に使われていた。使途を限定しなかったことが原因だが、「コンクリートから人へ」のスローガンが結果的に骨抜きに終わった格好だ。

 交付金は「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」。鳩山政権は2次補正の編成にあたって「ばらまき、ハコモノの公共事業はやらない」と宣言。交付金については、電線地中化の他、都市部の緑化、橋の補修、林道の整備に充てられるとして、「地方の活性化につながる」と説明していた。古川元久副内閣相は会見で、自治体にも財政負担を求める仕組みだったため、4事業への交付が伸びなかったと説明。「課題をまとめ、反省に基づいてやっていく」と述べた。【坂井隆之】

ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)
高速新料金6月から「心配いらない」と首相(読売新聞)
首相動静(4月26日)(時事通信)
胸に刃物刺さった女性、路上で死亡…茨城(読売新聞)
posted by マツキ タカノブ at 13:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。