2010年06月15日

<年金機構>長期派遣受け入れ 労働局が是正指導(毎日新聞)

 年金の各種届け出の入力業務を巡り、日本年金機構は15日、派遣期間が最長1年の単純業務なのに長期間派遣を受け入れていたとして、東京労働局から労働者派遣法違反による是正指導を受けたと発表した。これを受け、日本年金機構は10月から、入力業務について、すべて派遣契約から請負契約に切り替える。

 指摘されたのは、日本年金機構の東京事務センター(江東区)で働く派遣社員約240人について。人材派遣2社から派遣され、年金の加入や脱退の届け出などをパソコンで入力する仕事をしてきた。派遣業務は、専門26業務以外の単純業務は派遣期間が原則1年で、あらかじめ届け出れば3年まで延長が認められる。だが、約240人は、旧社会保険庁時代の06年4月から同じ形態で派遣されていた。東京労働局は、この業務が数字や文字の単純入力で、専門26業務中の「事務用機器操作」に該当しない、と判断した。

 全国では、東京事務センターを含め47カ所にある事務センターで計約1360人が同様の形態で派遣社員が入力業務を行っている。日本年金機構は、年明けから始めた内部調査がきっかけで発覚したと説明している。同日の閣議後会見で長妻昭厚生労働相は「大変恥ずかしいこと」と述べた。【野倉恵】

【関連ニュース】
派遣法改正案:今国会の成立困難に…長妻厚労相
労働トラブル:全国32カ所で電話相談 5日を中心に
連合:日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書
非正規雇用:「派遣法改正を」若者と女性が集会
雇用:各党が政権公約に

<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)
<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
<菅首相>「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
posted by マツキ タカノブ at 13:42| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。